« 春、本番! | メイン | 野母崎名物 »

2006年03月30日

長い間、お疲れ様でした

各地で廃船の放置が問題になってます。
野母港も例外ではなく何隻も放置されています。
その中の一隻が今日、解体のため陸揚げされました。
細いワイヤーを掛けられ吊り上げると船体にメキメキ食い込んでいきます。
このあとショベルカーで潰されます。廃船とはいえ心が痛みます。
漁港の有効利用のため、しかたのないことでしょうが今日の作業にも
税金が使われています。たとえば、昔みたいに漁礁として沈め、
廃船をお金を掛けず利用する方法はないのでしょうか?

haisen.jpg

投稿者 miura : 2006年03月30日 13:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ootorimaru.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/260

コメント

三浦さんの言われるとおりで、これから続々と出てくる廃船については、どう処理していくか大きな課題です。
現在ほとんどがFRP船ですが、丈夫なことが災いして処理に手間が掛かる素材となっており、一隻あたり何十万円も処理費が掛かってしまいます。
ただ魚礁として利用する場合も、沈めるためには油を抜いてタンク内を綺麗にしたり、魚の住み心地が良くなるように沢山穴を空けたりといった「艤装」という処理が必要で、これまた結構な費用が掛かります。
現在の主流は細かく砕いてチップにし、コンクリートの材料に役立てていくことですが、まだまだ魚礁への利用を含めて検討していかなければならない事柄だと思っています。

投稿者 4号 : 2006年03月30日 14:11