« 時化のあと | メイン | 「シーボルト展」 »

2006年04月05日

名前、ミニボラです。(未確認)

この時期、卵をいっぱい抱えてやってくる小型のボラです。
以前から定置網に入ってよく家に持って帰って食べていた(いわゆるシャーってやつ)
のですがそういえばなんて名前だろう?あまりにもボラに似ているので
「ボラ」って呼んでたんだけど・・・
ほんとのボラは9月~10月に卵を抱える(からすみの原料)はずなのに
こいつは今、抱えています。泳ぎにくそうです。
でも、その卵ごと丸焼きにすると美味しいです。

borakana.jpg

投稿者 miura : 2006年04月05日 11:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ootorimaru.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/264

コメント

ミニボラって言うんですか、知りませんでした。ボラと言えばいつだったか親父から沖ボラ(かなり大きいサイズ)を刺身にして食べさせてもらったのですが、これがまた最高!今まで色んな魚を食べてきましたが自分にとっては一番かな、と思うくらい旨かったという記憶があります。ボラは汚い川や港を徘徊し臭くて食えないというイメージがありましたが、驚かされました。

投稿者 木村 : 2006年04月05日 12:34

木村君、あくまで未確認ですよ。
只今、水産専門県職員が調べてますのでホントの名前はもうしばらくお待ち下さい。
ちなみに、私の娘も中学1年生です。

投稿者 おおとり丸@船長 : 2006年04月05日 13:16

 水産専門県職員です。またも水産試験場の協力を得て回答できる運びとなりました(私は全然わからなかった)。H部長、Y科長、K専門研究員、T研究員、ありがとうございました。
 さて名前なんですが、写真から見るに「メナダ」ではないかなあ、とのことです。北海道~朝鮮、南シナ海に分布。有明海で結構よく獲れる魚で、写真にあるとおり、この時期産卵期を迎えるようです。熟した卵巣はボラと同様にカラスミにすることができるようです。
 熊本では縁起のよい魚とされており、鯛代わりに結納の魚として扱われることがあるとのことです。

投稿者 4号 : 2006年04月05日 18:40