« あっちはコチ、こっちはイネゴチ | メイン | 長崎さるく博‘06 »

2006年05月19日

急にできた休み

台風1号くずれの低気圧による嵐を避けるため
おおとり丸(船)をホームポートの野母港へ回航作業中のワンショットです。
この後、猛烈な雨が降ってきて顔に叩きつけ前が見えない状態でしたが
そこは慣れた海、前は見えなくても周りを見て走って来れました。
 「おおとり丸気象台」の予報だと午後からシケになるはずでしたが
少し外れてしまいました。仕事の予定がなくなったのでこの後どうしよう・・・

ootategami.jpg

投稿者 miura : 2006年05月19日 11:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ootorimaru.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/292

コメント

台風と聞くと野母を先ず、心配します。野母生まれの人間の本能でしょうか。たまには、おおとり丸気象台も予報が、はずれて、骨休みばせんとね。今年、台風1号の発生遅くありませんか。所で中央の岩、間違いなく、大立神。おお我よ、ちょびっと、身長、背の、
こまこう、なったごたる、ばってんか、達者かったナぁー
時化のおかげで、おいが、また、おいに、こがんしち、会ゆるちゃぁ、あらまー、どがんしゅうかい。おっそろしかー。おおきに。

投稿者 大立神 : 2006年05月19日 12:54

サラリーマンも時化が欲しい、心の時化はあれど...

投稿者 木村 : 2006年05月20日 11:02

サラリーマンの、リストラという時化は長いですネ。出るも地獄、残るも地獄。この時化は、まだまだ、各方面でじわーと継続するらしいです。せめて「ボロは着てても、こころは錦」で、「時化た顔」をせず、過ごしたい。台風一号くずれが、梅雨のようで、急に真夏をとおもう暑さです。どくだみも白い蕾みを、つけました。毎年、異常気象つずき、おおとり丸気象台も、色々と兼務ですっごく大変なご様子。「人生、苦がありゃ楽がある」と黄門さまが、いってます。おおいに、ちよびっと、よんにゅう、楽しみましょう。

投稿者 大立神 : 2006年05月22日 12:24

確かに『時化た顔』した人には幸せはきませんよね、空元気でも出して戦いましょう!(世のお父さん方)

投稿者 木村 : 2006年05月22日 12:53