« 2006年08月 | メイン | 2006年10月 »

2006年09月29日

青シェンタロー

野母崎産なのに、タイワンガザミといいます。
この辺のカニの中では大型でコイツはハサミを広げると67cmでした。
子供の頃、野母の港の中に沢山いて夜、懐中電灯とホコを手に
獲りに行ったものでした。港の護岸も整備され最近ではすっかり
見なくなりました・・・実は護岸が整備され浅瀬がなくなって
見えなくなっていただけでした。まだ野母の港の中には
かなりのガザミがいるみたいです。港内は家で食べる以外の
漁は禁止なのでしばらくは大丈夫でしょう。
肝心の味ですが誰が何と言おうとも世界一です!
やっぱり、野母の「シェンタロー」は美味かったバイ!(過去形)


aosenn.jpg

投稿者 miura : 16:30 | コメント (11)

2006年09月28日

三日間、千五百キロの旅

四国で一番小さな町、徳島県上勝町に行ってきました。
(ブルーのポロシャツが私です)
TVなどでよく取り上げられる。「彩(いろどり)」といえば
知ってる人もいるでしょう。山の中の田舎、を通りこして秘境(失礼)
と言ったほうが似合ってるような所です。そんな田舎の町、特に高齢者が元気なこと・・・
 そこにある産業による町興しのヒントがあればと上勝町を希望しました。
(私は野母崎の漁業振興と町興しは同時進行するべきと思っています)
町興しのヒントだけじゃなく販売戦略の話、高齢者との関わり方など
三日間の内、移動がほとんどで視察研修は1時間15分でしたが
72時間分の価値があったと思います。
この視察をいつ、どこで、どんな風にいかせるかはわかりませんが
私の中で大きなヒントになったことは確かです。
この視察を実現し同行してくれた4号さん、1500キロを運転した○島さん
仕事を休んで同行させられた○部さん、上勝町のみなさん
有り難うございました。
   いや~カーナビってホント、便利ですよね・・・

kanikatu.jpg

投稿者 miura : 13:45 | コメント (3)

2006年09月23日

シログチ

なじみ深い魚のようででもあんまり見かけない・・・
シログチです。船の上に上げると浮き袋をつかって
「グーグー」と鳴きます。その声が愚痴に聞こえたのでしょう
それでシログチです。鮮度がいいときの刺身は絶品です。
他に、塩焼き、唐揚げ、煮付けなどが定番ですね。
この魚はニベ科でニベ科の魚はほとんどが鳴くそうです。
「ニベ」の「に」は煮付けの「煮」、「べ」は「屁」だそうです。
屁にも聞こえなくはないですが不名誉な名前です。

今度の月火水は視察研修の為、徳島県にいってきます。
月曜定休、26、27日はおおとり丸はお休みします。
また一つ大きくなって(うまいもん食って太るわけではありません)
帰ってくる予定です。野母崎の町興しに役立てたいと思います。
・・・徳島の名物ってなんだっけ・・・

guti.jpg

投稿者 miura : 19:14 | コメント (1)

2006年09月19日

台風被害お見舞い申し上げます。

ようやく電気がついてパソコンが立ち上がりました。
文明的な生活に感謝しつつ、暖かいお風呂の後に
久しぶりに冷えたビールを飲みつつエントリーしています。
台風13号は各地に大きな被害をもたらしながら通過しました。
野母崎にも大きな爪あとを残して行きました。
画像の撮影時間は17日午後1時30分最接近の少し前、
防波堤の高さは約20m、軽々と波が超えています。
この堤防の後ろに陸揚げされた漁船のうち2隻が無くなっていたそうです。
久しぶりに大きな台風でした。野母崎はまるで戦争の後のようです。
看板が飛ばされたおおとり丸は明後日開店予定です。
   カップ麺は食べ飽きました・・・

taihuu.jpg

投稿者 miura : 21:07 | コメント (3)

2006年09月15日

おおとり丸気象台台風情報

紹介します。おおとり丸気象台の気象予報士
アシナガバチ君とその家族達です。
そのハチ君によると気になる台風13号ですが、九州地方に接近又は上陸するでしょう。
画像のアシナガバチの巣は網の干し場の竹の中に作っていました。
この場所は嵐になると波、風、雨を受る場所です。その巣を2~3ヶ月前に見つけ
「今年は台風は来ないだろう」と思ってましたが。13号が発生してから
覗いてみると巣はもぬけの空でした。やっぱり生き物の予知能力は凄い
九州地方のみなさん、ハチは台風対策は終わってます。みなさんもお早めに!
   ※あくまで目安です。正確な情報はしっかり把握しといてください。
     
hati.jpg

投稿者 miura : 17:18 | コメント (2)

2006年09月13日

不思議ダコ

ムラサキダコです。大きなマントを広げて泳いでいるみたいです。
その姿はまるで悪魔の使い(見たことないけどイメージで)と言いたくなります。
でも弱々しく泳ぐスピードも遅く手で持ち上げただけでそのマントは
ちぎれてしまいます。
画像のコイツはメスでオスは3センチくらいにしか大きくならないそうです。
最近のオスは海でも家の中でも小さくなってます。
ちなみに茹でても水っぽく美味しくないそうです。

murasakidako.jpg

投稿者 miura : 14:56 | コメント (1)

2006年09月09日

大潮の朝

お待たせしました9月になってはじめてのエントリーです。
お客様に言われたからではありません(それも半分)
2006年9月9日8時46分野母港そばの道路の様子です。
港ではなくて道路です。念のため。
大潮、満潮で冠水しています。
今日は車よりも船の方が高い所を走っています。
私達漁師は車に乗らなくても仕事は出来るのですが
車が必要な職業の人は気の毒です。自家用車を使わない人は
あまり気にしていないようですが・・・
それにしてもこの道路、数年前に拡張工事したのに
この潮位は計算に入れていなかったのかな・・・
おっと、またお上に不満が・・・


oosio.jpg

投稿者 miura : 13:24 | コメント (2)