« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月28日

のもざき伊勢エビまつりが始まりました。

今年もイセエビの解禁に合わせて伊勢エビ祭が始まりました
オープニングを飾る1500発の打ち上げ花火です。
「野母崎青潮祭」から変わって8回目になります。
年々知名度もアップしてオープニングイベントの来場者も多くなっています・・・
と言いたいんですが今年はPRが少なかったせいでしょうか
私の見る限るでは人出は少なかったような気がします。
まぁ、野母崎で数少ない祭(出店の出る)だし、打ち上げ花火もあがるし、
なにより期間中、野母崎にたくさん人がやってきて野母崎にとって
大切な祭なのでよし!とします。
問い合わせが多かったので期間中はおおとり丸でも
近所の久富さんからイセエビを分けてもらい
「伊勢海老丼」「伊勢海老活き造り」を用意してます。
さりげなく宣伝がはいってます・・・

hanabi.jpg

投稿者 miura : 11:07 | コメント (2)

2007年08月21日

夏の魚は大きいぞ!

お盆が過ぎても暑い日が続いています。
素潜りの漁師がよく「海の中の季節は1ヶ月遅れだ」と言います。
ということは、魚たちにとってこれからが夏本番じゃないですか
それを裏付けるように、夏の代表みたいな魚ばかりが入ります。
カツオ、シイラ、そして今日入ったキハダマグロ、大きい魚ばかりです。
特に今日のキハダは27㌔を筆頭に59本!マグロ類は
即殺、血抜き、冷却を素早くやらないと商品価値が低くなるんです。
少なくとも私は30本と格闘しました。相手も死に物狂いで抵抗します。
終わる頃にはクタクタでした。後は、美味しく食べてもらうことを願いつつ
戦った相手の冥福をお祈りします。


singo.jpg

投稿者 miura : 21:08 | コメント (4)

2007年08月17日

大掃除!

ペーロンの応援疲れが残る16日午前6時
自治会による野母新港の掃除がありました。
実は精霊船の後片付けだったのですが、お盆前から吹き荒れた
台風6号崩れの熱低によるシケで岸壁に流木がたくさん打ちあがり
そっちの撤去が大変でした。この野母新港の岸壁もだいぶ低く
設置されていて大潮、大波で潅水してしまいます。
今回の流木も道路まで打ちあがっていました。

潅水道路もここの岸壁もかさ上げすることが決まりました。
最初からもう少し高くしてたら無駄な工事もしなくて済んだのに・・・
と思うのは私だけじゃないはず・・・

sinkousouzi.jpg

投稿者 miura : 18:51 | コメント (2)

2007年08月15日

お盆のメインイベント

と言ったら、やっぱりペーロンでしょう!
ただ船を漕いで競争するだけなのになんでこんなに
興奮するのでしょうか?いや~理屈ぬきに楽しい競技です。
昨日までの強い南東の風とうってかわって猛暑の中
野母中の人が港の周りで観戦していたのでさぞや
電力消費量も少なかったでしょう。ひょっとしてペーロンって
とってもエコな競技かも・・・

「大立神」さんわざわざ会いにきてくださって
そしてお土産もいただいちゃって有り難うございます。
バタバタしてロクに話もできずすいませんでした。
電話の声のイメージよりお若くてびっくりしました・・・マジで・・・


peeron.jpg

投稿者 miura : 14:57

2007年08月13日

つづき・・・

こちらも浦祭の奉納踊り小学生による「ちゅうろう」です。
中央で太鼓をたたいているのは私の息子なのでいつもより
大きな画像でアップしてみました。ブログ管理者の特権です。
野母の人口も減り、祭り事はずいぶん寂しくなりました。
でも、画像の子供たちのように次の世代に確実に受け継がれています。
待ってろよ、息子達、お父さん達がもうちょっとだけ野母崎を盛り上げるから。

tyuurou.jpg

投稿者 miura : 14:56 | コメント (2)

夏、野母、お盆・・・といえば

とのぎゃんです。300年以上野母に伝わる「浦祭」の奉納太鼓
太鼓の力強い響きと今日から始まったペーロンの「よいと~せ~」
の声で野母っ子のアドレナリンの分泌量が増加していきます。
たたいているのは「2号」こと同級生の竜○君のせがれ○樹君です。

               つづく・・・

kazuki.jpg

投稿者 miura : 14:37

2007年08月05日

マナガツオ・・・多分・・・

久しぶりのエントリー、しかも魚ネタ、
みなさん、おおとり丸は健在です!
サボっている間、ペーロン選手権
(のもざきおなごペーロン優勝おめでとうございます)があり
、「ながさき型創出事業実績発表」(発表者は私)があり、台風5号がやってきたり
いろんなことがありました。
それでは本題です。今日、入りました。マナガツオ・・・だと思います。図鑑、魚屋で見る
マナガツオとひれの形がちょっと違う見たいです。
巻網船経験のある乗組員のオジサンに聞いてみるとやはり
食べたそうな顔で「マナガツオに間違いない」と言ってました。
それもそのはず、鮮度のいいヤツは刺身で絶品で
市場でも高値が付いています。
今回、入ったのはコイツ一匹なので市場に送るわけもいかず
乗組員のオジサンの「シャー」にもならず、
私が頂こうと思います。

久しぶりの文章なので長くなっちゃいました。

mana.jpg

投稿者 miura : 18:53 | コメント (1)