« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月13日

「ド根性バジル」

おおとり丸、玄関前の駐車場の砂利の間から生えてきました。
花壇に植えていたバジルから落ちた種が芽を出したのでしょう
横の花壇とは違い劣悪な環境でよく生きています。

今日、11月13日でおおとり丸は開業3年を迎えました。
これも、みなさんに支えられ、可愛がられたおかげだと思い
感謝しています。
これからもバジルの根性を手本にがんばって行きたいと思います。
よろしくお願いします。

            おおとり丸 漁師 三浦尋生

bajiru.jpg

投稿者 miura : 18:06 | コメント (6)

2007年11月08日

カライワシ

コイツもまた珍しく定置網に入るのは2回目です。
顔はカタクチいわしにそっくりだけど大型で
コイツは1メートル位でした。
当然、食べたことはないので味については語れません。
図鑑によると太平洋に広く分布しているとのこと
世界中で釣れているようです。
小骨が多く唐揚げなどにすると何とか食べられるようです。
乗組員のおじさんが「食べてみっけん」と言って持って帰りましたが
翌日、その後のことを語ろうとしませんでした・・・やっぱり・・・

karaiwasi.jpg

投稿者 miura : 19:52

2007年11月05日

野母くんち、

3日、4日は野母くんちそれぞれ「お下り」「お上り」でした。
昔は、巻網(八田網)の休み(月夜間)に合わせて行っていましたが
漁師が少なくなった今は、勤め人の休み土日に行います。
実際漁師は「お下り」1人、「お上り」1人(私)という状況です。
今年は特に神輿担ぎが少なく12人で神輿を担ぎました。
今日は、肩が真っ赤になって痛くて大変です。
でも、小学生巫女による奉納舞、野母独特の酔っ払い獅子、
伊勢音頭など絶やせないものばかりです。
来年はもう少し人数が集まるといいんですが・・・


miko.jpg

投稿者 miura : 12:19 | コメント (2)

2007年11月01日

ちょっとマンタ!(タンマ)・・・くっ苦しい

長崎では珍しいエイが入りました。
さっそく、ペンギン水族館に連絡すると
「それ、イトマキエイ?それともオニイトマキエイ?」って・・・
えっ、イトマキエイって2種類いたの? 通常オニイトマキエイのことを
マンタと呼ぶらしいのです。だから「ちょっとタンマ」なのです。
大きさは幅が2メートルくらいでしょうか、
逃がそうと思いクレーンで吊ったら仰向けになりこんな画像です。
人の力では起こすことが出来ません
でも無事(かすり傷はありますが)もとの海へ帰っていきました。
コイツってどっちなの誰か教えて!

ちなみに水族館の水槽には大きすぎて入らないそうです。

manta.jpg

投稿者 miura : 14:44 | コメント (2)